Home  » NERCのご紹介  »  代表取締役センター長あいさつ

NERCのご紹介

代表取締役センター長あいさつ

株式会社NERC(自然エネルギー研究センター)は、創立以来一貫して、自然エネルギーの利活用を通して、「食料・飼料の生産の場である農漁山村の活性化」=「地域に仕事を創り出す」(地域産業を創造する)ことを目指して取り組みを進めてまいりました。

NERCが理念として掲げる「一次産業とこれを補完する産業」を構築すること=「地域産業・社会の再構築」とは、こうしたことを意味しております。そしてこの「地域産業・社会の再構築」の過程は、「地域の担い手」を育てる(育つ)作業でもあります。

「地域産業・社会の再構築」には、地域が抱える課題の解決無くして果たし得ません。しかし今日、地域が抱える課題は、一つだけ解決すればよいというものではなく、あらゆることが複雑に結びついており、課題解決のためには、これら全てをとらえた取り組みが必要です。
このために、NERCは、医療活動を除く全ての事業ができる「企業」として登記され、国内外の民間企業は元より大学・試験研究機関等多くの専門家・専門機関との協力・共同する連携体制を整え、こうした体制の「センター」となるという自負を持って、取り組みを進めております。

NERCは、北海道を中心に全国の多数の自治体や民間企業における自然エネルギーをベースにした基本計画策定を行う他、特にバイオマス利活用における具体的な導入への貢献を果たしてまいりました。
現在、ドイツ・ホーマテムル社からのライセンスを得て実現に至った「木質繊維断熱材の生産工場」の建設、道内各地で進めています「木質バイオマス燃料生産工場」の建設等々、地域に雇用を生み出す様々な取り組みを行っております。
またNPO法人北海道新エネルギー普及促進協会、北海道木質ペレット推進協議会の設立と運営にも積極的に参加し貢献してまいりました。

NERCは、初心を忘れることなく、今後も一貫してこれ迄通り、「地域に仕事を創り出す」ために、多くの方々のご協力とお力添えを頂きながら、尚一層の努力をして行きたいと考えております。

 

2010年11月
株式会社NERC 代表取締役センター長
大友 詔雄
Norio Ohtomo

 

企業情報

弊社の企業情報を下記のPDF形式のファイルにまとめています。どうぞご覧下さい。

 

「NERC企業情報」 PDF形式(309KB)

 

ページトップ