Home  » NERCのご紹介  »  事業概要

NERCのご紹介

事業概要

北海道大学発ベンチャー企業として発足した株式会社NERC(自然エネルギー研究センター)は、創立以来一貫して、自然エネルギーの利活用を通して、「農漁山村の活性化」=「地域に仕事を創り出す」(地域産業を創造する)=「地域産業・社会の再構築する」ことを目指して取り組を進めてまいりました。

 

「地域産業・社会の再構築」には、地域が抱える全てをとらえた取組が必要です。このために、NERCは、医療活動を除く全ての事業ができる「企業」として登記され、国内外の民間企業は元より、北海道大学をはじめとして国内外の大学や試験研究機関等の多くの専門家・専門機関との協力・共同する連携体制を整え、こうした体制の「センター」としての取組を進めております。

 

NERCが協力・共同の連携を取っている大学や試験研究機関は次の通りです。


国 内 国 外
北海道大学大学院:工学研究科・農学研究科 ドイツ:ECOS・HOMATHERM
札幌医科大学・帯広畜産大学・酪農学園大学 デンマーク:Folke Center
NPO北海道新エネルギー普及促進協会(NEPA) 中国:瀋陽工業大学・同付属風力エネルギー技術研究所
北海道木質ペレット推進協議会 JICA:帯広・札幌
全国小水力利用推進協議会 ネパール:CEEN
(財)下川町ふるさと開発振興公社

NERCは、ソフト事業として、全国の多数の自治体や民間企業における自然エネルギーをベースにした基本計画策定を行う他、ハード事業としても、木質バイオマスの総合的利活用を具体的に促進する立場で、マテリアル利用(木及び竹繊維製品の生産工場の建設)とエネルギー利用(木質バイオマスボイラーの製造工場と木質バイオマス燃料工場の建設)を進めております。

ページトップ