Home  » 事業内容  »  木質バイオマス普及促進

事業内容

木質バイオマス普及促進

 

NERCは、木質バイオマスの総合的利活用を具体的に促進する立場で、マテリアル利用とエネルギー利用を進めています。

 

マテリアル利用

木質繊維断熱材

ドイツ・ホーマテルム(HOMATHERM)社から独占的ライセンスを取得して全国に生産工場建設を進めています。

 

「国内10工場の建設構想」

 

 

木質繊維断熱材とは…

1992年、木質繊維断熱材(ウッドファイバー)はドイツのホーマテルム社で開発されました。そして、2009年、国内第一号工場が北海道(苫小牧)に誕生しました。
性能  

断熱性・熱緩和性・防音性・調湿性・環境性・安全性のトータルバランスに優れ、また、高い柔軟性と優れた形状保持性を有し、隙間なくぴったりと施工可能。間伐材を活用し、森林再生とCO2削減に貢献。エコマーク認定品。
施工

少し大きめに採寸することで、柱の形状に沿ってフレキシブルにフィット。万一隙間が生じた場合には端材をちぎって詰めることができます。丸のこできれいに裁断可能。のりづけ、タッカー止め不要。

 

詳細ページはこちら

エネルギー利用

高性能木質バイオマスボイラー

ドイツ・ノルティング(nolting)社から独占的ライセンスを取得して国内製造工場の建設と高性能ボイラーの普及を推進しています。

 

ノルティング高性能木質バイオマスボイラーとは…

ノルティング(nolting)社は環境先進国ドイツの木質ボイラーメーカーです。1947年に設立されて以来、およそ60年間、一貫して木質バイオマスボイラーに特化して開発を行ってきており、世界最先端のボイラー効率と燃焼制御技術を土台として、全世界で2万台以上の普及実績を誇ります。
特長

  • 世界最高水準の効率90%(含水率WB30%以下)を実現、あらゆる木質燃料に対応し優れた燃焼制御技術を誇ります。
  • オーダーメイド設計が可能で、既存ボイラー室への設置を前提に検討します。
  • ドイツでは40年の使用例があるほど耐久性に優れ、また、自動灰出しでメンテナンスも容易。

 

詳細ページはこちら

 

 

木質バイオマス燃料工場

「エネルギーの地産地消」を目指す「木質バイオマス燃料生産工場」の建設を進めています。

 

地域内経済循環

エネルギーの地産地消

 

 

地域内経済循環とは…

現在 

現在私たちが利用する燃料のほとんどは石油製品です。毎年どれくらいの燃料代が地域外に流出しているのでしょう?石油代の大部分は産油国など地域外へ流出します。
これから

木質バイオマス等の地域の資源を活用して、エネルギーの地産地消が実現すれば、地域外に流出していた燃料代が地域にとどまり、富が地域内を循環することになります。ヨーロッパではすでに「地域内での富の循環」が実現された地域が多くあります。
詳細ページはこちら

ページトップ